関節痛の原因と予防

人の体は、200本を超える骨によって形づくられています。
骨と骨の連結部分を関節といい、骨と関節、それを動かす筋肉や腱、さらに運動神経や知覚神経により、私たちの体は自由に動くことができるようになっています。したがって、それらのどれかひとつにでも障害が起こると、さまざまな痛みが生じてきます。

ここでは、そのなかの「関節痛」についてみていきます。

加齢とともない多くの方がお悩みは変形性関節症で、股関節、膝、肘の関節に多く症状が発生します。

変形性膝関節症の原因は何か
原因がはっきりしない加齢に伴う一次性の変形性膝関節症と、何らかの原因で生じる二次性の変形性膝関節症があります。

二次性の原因には骨折、脱臼、十字靱帯損傷(じゅうじじんたいそんしょう)や半月板(はんげつばん)損傷などの外傷、痛風(つうふう)や化膿性関節炎などの炎症、関節の変形などによって生じるものがあります。

女性や肥満の人に比較的多い病気で、年齢とともに多くなります。

 

変形性膝関節症の症状の現れ方
初期には膝のこわばり感や、歩き始め、階段の昇降、長時間の歩行、立ち仕事のあとなどに痛みが起こります。
初期でも炎症が強い時期には関節内に関節液がたまり、関節がはれて膝を曲げたときに強い痛みを伴うことがあります。

変形が進行するにつれて動きが制限され、正座や膝を完全に伸ばすことができなくなり、痛みや歩行障害も加わって徐々に日常生活が制限されてきます。

また、O脚やX脚といった変形が進行することがあります。

膝の半月板損傷を生じたり、関節内遊離体(関節ねずみ)や膝の後ろにベーカー嚢腫、袋状の腫瘤を合併したりすることがあります。

変形性膝関節症の治療方法

(1)保存的治療
まずは、痛みに対して安静、足底装具、膝サポーター、湿布、塗り薬、痛み止めの内服薬などを用いた保存的治療を行います。

(2)関節注射
膝の関節に関節液がたまって痛みの原因になっている場合には、関節液を注射器で除去します。
なお、一度関節液を取り除いても炎症が続いている間は、関節内の滑膜という組織から関節液が過剰に作られるので、再度関節液がたまってきます。
痛みがある場合はヒアルロン酸の注射が有効な場合があります。
または、炎症と痛みを和らげるため局所麻酔薬とステロイド薬の注射を行う場合もあります。
ただし、頻回のステロイド薬の注射は細菌感染や関節破壊を生じる危険性があります。

(3)手術
変形が比較的軽い場合には、炎症を生じた関節内の滑膜(かつまく)切除や、半月板損傷、関節内遊離体、ベーカー嚢腫に対する手術を行うことで一定の効果が期待でき、関節鏡を用いる手術も増えています。
比較的若い患者さんでは、関節形成術(骨切り手術)により関節のバランスと機能を改善することも可能です。
重度の変形があり日常生活に支障がある場合には、人工膝関節手術が行われます。
満足度の高い手術ですが、人工関節の感染や、とくに活動性が高く若い患者さんでは人工関節のゆるみや破損が問題になる場合があります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
関節痛も同様ですが、症状が出てから、やれ治療だ!注射だ!手術だ!では、後の祭りです。

災害と同様で非常災害で起こってから、『ここに数十年住んでいるがこの様な経験は初めてです。』なんて、報道を良く目に耳にしますが、災害では国や地方自治体、そして個人でのリスク管理ができていなかった証です。

関節痛も同様で、症状が出る前にキチント予防しましょう。
痛い、苦痛による悲観的な生活をおくり、更には費用的にも治療・手術費と大変なご苦労を背負うことになりますよ!

 

具体的な予防策

やわたの国産グルコサミン

1500万袋突破!TVでおなじみ

メーカー直販価格です

カニの水揚量日本一の地元境港で水揚げされる紅ズワイガニの殻を使用してグルコサミンを抽出しました。

 

やわたの国産グルコサミンが活動的な毎日をサポートします。

やわらかい部分のみを使用するため、1キロgのカニからわずか10g弱しか抽出できない貴重なグルコサミン750mgです。

グルコサミンと相性の良い鮭の軟骨成分コンドロイチン15mg配合。

みずみずしい毎日にヒアルロン酸3mg配合。

1日目安3粒の中に「グルコサミン」+「コンドロイチン」+「ヒアルロン酸」3つのクッション成分をギュッと凝縮。

1日わずか72円ですが、定期便なら65円となります。

ご満足に自信があるから安心の全額返金保証付きです。